四条畷の『えにし庵』にて、文楽と落語の会。圓尾さん。

天気もよく、いい一日でした。
こんな良き日があっというまに過ぎ去っていくのかと思うと人生なんだか淋しい。
文紅師匠の『初天神』、ヨカッタなあ。
こんな噺家が今、いるだけでもありがたい。
トークコーナーでは見台を前に、米左『千本忠信物語』、しん吉『壺坂サワリ』を披露。
夕景から始まった懇親会、米左さんの司会ぶりが爆笑を呼び、時間を忘れたヨ。
相子君もしん吉君も好い男だ。
清友さん、御影さん、阪本さん、松島さん、岸さん、皆、嬉しい人ばかり。
『えにし庵』の芝居好き常連客層がほとんど居残り。
圓尾さんからの感激便りが届いてます。
是非、HPのお便りコーナーを覗いてくださいませ。