越路師匠の一周忌を終えて・・。奥様と皆で会食。

三輪大夫さん、千歳大夫君、私。
皆、夫人同伴。
師匠の一周忌を無事終えた精進落し。
場所は京都三条ロイヤルホテル地下の中華料理店『清華』。
生前の師匠の話題を中心にして、おだやかに静かに時が流れた。
とても貴重な時のように思えた。
こんな時間、もう、永遠にこないかも。
食事しながらも静かに静かに時が過ぎる。
三輪夫妻も師匠の家の近所に住んでいるとはいえ、師匠の入院から昇天、そして葬式から一周忌まで、よくつとめよくつくした。
もちろん、千歳君夫妻もたいへんな働きをした。
ぼくと貴大夫さんは大阪在住で、何の役にも立てなかった・・。
潔い、弟子思いの師匠でした。