粕谷氏からの結婚式の感想メール。

→《つらつら惟るに(よくよく考えると)あの結婚式、「ホンマモン」でしたね。
「いい結婚式でしたね」なんてレベルではなく。
最近では、クリスチャンではないにもかかわらず「結婚式でドレスを着たい」という理由だけで、文句をいいながら一定期間義務的に教会に通い、形ばかりの「キリスト教式」結婚式を挙げる人が多い中、新婦が真のクリスチャンで、教会での式でありながら、お二人とも純和装で入場曲は「勧進帳」(しかも新郎のお母様の鼓の演奏による)。
「信仰と習俗」「精神と形式」が見事に調和した「ホンマモン」の儀式でしたね》。
←キリスト教会での白無垢と紋付袴はとてもオシャレでした。
しかも、邦楽の入場曲!でした。