受難週。and Dr島田宅へ。

キリスト教会ではきょうから《受難週》といって、イエスキリストがエルサレム入りして十字架(金曜日)にかけられ死に、そして復活(日曜日)するまでを記念し、信者が皆、同じ感慨をもちながら過ごす一週間が始まるのである。
私は市川牧師により、7時から早朝礼拝にあづかった。
そして11時に宝塚南口のDr島田宅へ。
ちょうどヘッドハンティングした歯科衛生士の方が見える日で、先日腫れあがった歯茎治療をしていただいたが、その後のフォロー治療である。
昼過ぎには見晴らしのいい二階でお寿司をご馳走になる。
至れり尽くせりとはこのこと。
太夫にとって歯は生命線。
大事な時期に有り難い事だ。