南座で新派『恋女房』(泉鏡花・作)を観る。

川口真帆子先生と、山村紅葉さんの応援に行った。
新派はスゴイ古典芸能やな、と思った。
水谷八重子さんのセリフには魅了された。
詞に音(オン)あり、節あり。
ぞくぞくした。
カッコエエわ。
紅葉さんもスケールが出来てきた。
セリフがよくわかるし演技に華がある。
二幕目の登場だから、それまで、こんな新派の舞台で彼女の芸が浮き上がらないかと心配してたが、まったくの杞憂だった。
泉鏡華の文章もいいね。