新作能『額田王(ヌカダノオオキミ)』(馬場あき子作)。

昨日、大槻能楽堂で観た。
額田王は山本順之(ノブユキ)師。
爪先を摺り足で前に運ぶ、『出瞬間』がキラリ。
ジットしている時でも喜怒哀楽の何かをかもしだしている。
自然に。
梅若六郎師も存在感タップリ。
時間がアットいうま。
ソレカラソレカラ太鼓は、な、な、なんと、クリスチャンの上田悟愛兄。
このような大舞台で用いられて万万歳!百済との合戦場面(中大兄皇子・梅若晋矢と大海人皇子・上野朝義)での、太鼓の豪快洒脱な演奏には又又、驚愕の身震い。
カッコヨスギル。
あの歯切れのいいバチ捌きと静止のありさまは一体なんなんだろう。
奥様といい、後継ぎの二人のご子息といい、素晴らしいご家族をお持ちだ。