姫路公演が終わり、夕方、姫路ワシントンホテルへ

汗でボトボトのじゅばんをハンガーに干し、風呂に入りながら下着類を洗濯。
6時過ぎにホテルの上で姫路の昔からのお客様と食事。
いつもは、《魚町》で馳走に会うが、今回は、大役を鑑み、食後のお誘いも丁重に断る。
我慢する自由もあるのだ!今、9時前、ホテルの部屋でひとり。
今日は、わざわざ大阪から見えていた、黒衣さんの「待ってました」が嬉しおました!姫路は結構、浄瑠璃好きの人がいて会場が盛り上がってました。
しかし、ボクの、舞台でかく汗は今回尋常ではおまへん。
じゅばんから、紋付き、肩衣(かたぎぬ)までびっしょりでっせ。
早よ寝よ