「英大夫を囲む会」、おかげさまで満員御礼

本日の「英大夫を囲む会」、おかげさまで満員御礼に。感謝しますm(__)m。昨日は北海道の伊達市で文楽公演。詩人の高橋睦郎氏の仲介で実現。企業メセナではなく個人メセナ諸氏の尽力による開催。文化度の極めて高い市である。カルチャーセンターの大ホールに550人。英・清友・清十郎他14人で「三番叟」と「壺坂観音霊験記」。開演前の高橋氏の飄々とした解説が至極の味わい。三番叟の最後の踊りで会場に降りていたら、拍手喝采。三味線のリズムに手拍子がピッタリ!目頭が熱くなりました。盛り上りは「壺坂」にも波及。一年前からお世話いただいた横井浩さんには感謝のことばを言い尽くせない。さて、ただいま千歳空港。これからピーチで関空へ。初めて乗るピーチが無駄がなく、意外に心地いいのだ。6時からの「囲む会」には間に合うだろう。