大和五条(奈良)で「酒屋の段」

NPO「大和社中」の主催、鶴澤清介さんからのお声がかりで奈良県五条市へ。
江戸・明治期の建物がつらなる新町通り。
赤根屋(茜屋)半七出生の地である。
「酒屋」の端場と奥のサワリまでの約一時間の語り。
サワリには勘十郎さんがお園で登場。
100人あまりぎっしりの町屋座敷が沸いた。
楽屋の前が広大な吉野川。
見渡せば四方が山。
オレンジ色に輝く柿の段々畑。
昼食には田中の柿の葉寿司とおうどん。
夜は「源兵衛」で懐石料理。
お客さま、出演者ともどもの会食で会話が弾んだ。
地元のみなさまの団結力と献身ぶりに熱いものを感じた。
東京から30人ほど、大阪からは50人ほど駆けつけてくださった二回公演でした。
来年も実現できれば夢であります。