正義の三点セット!?コメンテーターに鼻白む

昨日の日記を読んだある方からこんなメールをいただいた。
→ 悪の解放装置、面白いですね。
さすが高橋さん。
歌舞伎に描かれる悪が、大衆のはけ口であることは、仁左衛門さんもおっしゃってました(2月公演の夜の部なんて、赤ん坊を母親に無理やり殺させますからね)。
相撲八百長「裏切られた」とか正義ぶって怒って見せる白々しいコメンテーターには鼻白む思い。
角力場・濡髪、見たことないんかい!てな気分です。
「星の貸し借り」という、よくできたずばりの表現が昔からあること自体で、自明でしょう。
← あんたはエライ! ホンマ!「星の貸し借り」とは、既に一般用語でんがな~。
相撲八百長「裏切られた」とか正義ぶって怒って見せる白々しいコメンテーターには鼻白む思い~これも痛快なコトバ!だいたい今どきのコメンテーターは、世論を味方にして(笑)、角界・小沢・民主党を揶揄してれば金になると信じてるみたいだ。