挨拶

午前中、今回お稽古していただいた咲大夫兄宅へのご挨拶に伺った。
こないだの「松右衛門内」といい、今回の「柳」といい、たいへん貴重なお稽古をしていただいた。
その帰途、清介さんはこんなことを話していた。
昨日、幕が上がって最初に掛け声がかかり落ち着きましたね、二回目の木遣り音頭を弾いている最中、目の前のお年寄りの方がそっと目頭を拭ってくださった、あれでホンマにホッとしました、と。
嬉しい話やおまへんか。