「松右衛門内、おそろしい段やろ」

「松右衛門内、おそろしい段やろ」と、ある大先輩大夫の方から言われたが、まさにその通り。
前半の船頭権四郎の阿鼻叫喚コトバでかなり疲弊したところへ松右衛門が出てきて時代物三段目面目躍如の強靭なコトバ&三味線強烈詞ノリへと展開するから~ホンマ、恐ろしい浄瑠璃です。
昨日の日曜、超満員の国立文楽劇場で語り終え、僕の出番はあと3日!になりました。