徳島講習会二日目

AM8時~ホテル大崎の朝食は素晴らしい!おいしいごはんと納豆、具のたくさん入った味噌汁をベースに夕食さながらに7品くらいが並ぶ。
それを完食する自分がこわい。
今日の稽古は9:30~12:30と13:00~16:00の計六時間。
昨日、宇山嘉代子さん(御高齢だが、いつも粹で豪華な藍染の着物姿)が帰りぎわ、「明日は用事でこれません。
もう、こんどはお会いできないかもしれませんが…」と挨拶されたのが少し気にかかったが、今日の六時間もノリまくり、光秀の出までいった。
最前列に座りパーフェクト参加された江本富久栄さんと森かよさんの熱意には感動した。
道辻松一郎さんも謙虚なひとだ。
とにかく皆、こちらが舌を巻くほど浄瑠璃好きだ。
徳島からの帰りのバスにひとりぽつねんと乗っている僕にこんなメールが届いた。
大阪からの遠征組でパーフェクト参加された義太夫教室の生徒である川上弘恭氏からだ→  ひとあし遅れでただいま桝井さんと、徳島駅前からJR舞子行きのバスに乗りこんだところです。
ずいぶん前から仕事を調整し楽しみにしていた徳島講習会もアッと言う間に終わってしまいましたが、時間数で言えば毎日カルチャーや湊町教室の半年分をお稽古して頂いたことになり本当に充実した二日間でした。
 ← 半年分!?ホンマそうやなあ。
暗いバスの車中、鳴門海峡を眺めながら、なんやらホンワカした。