あったかい~

川口真帆子先生に誘われ、昼の部終演後、新歌舞伎座へ。
梅沢武生劇団。
途中から入り、最初の芝居は見逃したが、歌番での司会梅沢富美男と前川清の軽妙なやりとり、そのあとに続く舞踊ショーに感服。
座長の武生、そして富美男、前川清のノリの良さ軽妙さ人柄に魅せられた。
皆、上方のひとではないのに大阪のおばあちゃんをやんや、賑わしてた。
ひとこと、場の雰囲気があったかいなあ~と思った。
初めて見る富美男の芸に惚れ、前川清の女形にも恐れいった。
ほんでから帰宅してからたまたま見たBS2の映画「伯爵夫人」にもころげまわるほど感動。
1967年の作品だが、たいしたもんだ。
ソフィア・ローレンにマーロン・ブランド。
監督はなんと、チャールズ・チャップリン。