一関文化センター

ここは実に35年ぶり。
当時上野から特急に揺られて五時間くらいかかって夕方に到着。
食堂車で東京から一関まで先代勘十郎師匠と人形師の故菱田宏治兄さんが飲みっぱなし~。
食堂車のビールがなくなった!駅を降りて線路沿いを歩いて旅館へ。
粉雪が舞っていた。
ちょうど、10月半ば。
あの頃の方が寒かった。
翌日、越路師匠と小松兄と三人で中尊寺に行った。
高くそびえる樹木から雪がドサッドサッと落ちてきた凍えあがったなあ。
さて、今夜。
人口の割に大勢の観衆。
静かな鑑賞でしたが、皆さん、わかって聴いていた。
それを予想して今公演初めて自分の語りの録音をとってみた。
聴くかどうか、わからないが。
千秋楽までは自分の語りにがっかりしたくないから。