『三浦屋』からクルマで仙台空港、そして伊丹へ。機内で落語を聴く。

吉朝さんの落語CD。
『住吉駕籠』=酔っ払いが実にいい。
かご屋の低姿勢ぶりも自然。
口さばきも見事。
そうとうな人でんなあ。
『かぜうどん』=これも又酔っ払いがいい。
なにしろ、落語の基本の笑いを誘発させる。
《善人のトボケ味》の芸はおいそれと盗めまへん。
持って生まれた資質をよう磨いてはりまんなあ。
サイゴの落ちで感動をまるごと包まれ、深い印象が心に残りました。
『愛宕山』=これを聴く時点では睡魔が襲ってきたせいか、期待してた程ではなかった気がしま。
もういちど、ゆっくり聴かせていただきま。
昨夜はたしか吉朝さん、文楽劇場で米朝師との競演?阪本さん一派も駆け付けた筈。
感想をききたいもの。
しかし、落語はいい勉強になります。