葛西さんと松崎さんからのお便り。

昨日、「国性爺合戦」を観劇されたお二人からお便りがきました。
葛西さん→《大きくかたって しんみりと 文楽は ええもんですな。
東京 楽しみに。
》。
そして松崎さん→《国性爺合戦を拝見拝聴しました。
英さんが語る激しい演目は久しぶりな気がして楽しみにしていましたが、紅流しだけやる歌舞伎と違い、通しで見ると母と錦祥女が中心にも思えました。
それにしても異国を舞台にしているため文楽味が薄いと感じていた国性爺が、虎狩りの段の頭の英さんの声ひとつでストンと浄瑠璃の世界になってしまったのには、あらためて義太夫の声の力を思い知りました。
》。
←含みのあることばに感謝します。
お二人とも男です。
僕はどちらかというと(義太夫教室もそうだが)、男性の取り巻きの方が女性より多め。
女性にしても男性的なひとが多い。
多少の入れ替わり変遷があっても、いろいろの分野サークルが長続きしてる一因かもしれません。