『酒屋』における、お通の実年齢は?

『酒屋』で、お通は3才となっているが、実年齢は?つまり、生まれて何年何ヵ月なんやろう。
昔の年齢の数えかたがよくわからない。
酒屋の段では、お園が半七に嫁いだのは3年前の設定になっている。
半七と三勝との間にできたお通の実年齢が知りたい。
三勝は半七との心中行子別れの際、酒屋の奥にいる我が子のお通を覗き見ながら『乳が張るわいのう…』と悲痛な叫びを上げるが、乳が張るというのは子供がいくつの時までなのか?置き去りにされたお通は半七の両親の前でヨチヨチバババをするが、これはいくつの時なんやろう。
お園が嫁いだ時、お通はどんなかたちやったんやろ?…早速、ありがたい反応!桂川あかねさんからです→《昔の数え歳ですが…生まれた時が一歳。
で、お正月が来ると一つ歳取る。
だから極端な場合、大晦日に生まれた子どもは一日だけ一歳で、翌日のお正月には二歳になってしまう。
お通は今の歳だと一歳半~二歳位かと思います、とにかくおおざっぱですね。
私は育児体験ないからよくわからないですが離乳って半年~一年位?。
昔は離乳食なんて無いし、乳離れが結構遅かった…という話聞いた事あります。
以上の事情を考えると、酒屋の場合…お園が嫁いで三年は実年とすると、お通が生まれたのはその後ということになりますよね?、嫁いだ時は既に三勝のお腹の中にいた…そんなかたちだったのかなぁ?》←そう、お園が嫁いだ時、既に三勝のお腹にお通はいたんですよねえ。
これに対してさらにヴァンルージュさんよりお便りがありました。
→《数え年と満年齢では最大2年ぎりぎりの時間差があります。
また、お通の乳離れが遅めであったとしても、這って移動したり、言葉がまだ満足に話せない様子からして、2歳を過ぎているとは思えません。
今の時代の赤ちゃんだと、生後8ヶ月から10ヶ月くらいでハイハイし、1歳前にはつかまり立ち。
1歳過ぎれば歩きます。
お通の3歳というのは、だから満年齢の1歳から2歳まであたりのこと。
私の予想ですが、お園と半七が結婚したあとに三勝は身籠もったと思うのです。
》←なるほど、お園が半七に嫁いで三年は実年なんやから、三勝懐胎は結婚の後説も有力ですね。