舞台稽古。歌舞伎座『七段目』の幕見。

舞台稽古、なんとかスムーズに経過。
ホッとした勢いで、思い付きで歌舞伎座『七段目』の幕見に行く。
配役は由良之助・吉右衛門、お軽・玉三郎、平右衛門・仁左衛門。
平右衛門が主役の芝居で仁左衛門がなかなかいい。
たいしたもんだ。
玉三郎も美しいが、文楽のお軽ほど、悲しみが伝わってこない。
盛り上がりの『勘平殿は?』のあたり、文楽では一気に悲劇描出に向かうのに、歌舞伎ではお軽が花道に行ってのらりくらり。
早く花道から返ってこんかいな~と、イライラした。
そのぶん、最後の由良之助のタテ詞には感動した。
あのセリフでホロリきたのは文楽でも経験ない。
初めて。
吉右衛門、カッコいい!