初日無事。amd、織田作之助について。

《織田作の『夫婦善哉』は戦前の作品。
戦後は風俗小説・肉体小説などと蔑まれ、自らをも軽佻浮薄派と称し、その文学性はごく一部にしか理解されぬまま亡くなったそうです》←彼の作品を読まずにこんな捉え方をする人がいる。
実は僕もその内の一人でした。
シカシ、地元大阪にこんな凄い作家がいたことに、ほんの数日前、気がついた。
彼にとり習作に近い『夫婦善哉』が、何故未だに人口に膾炙されているのか?それは、あの作品の底にある『愛』『許し』というテーマが源流。
現代のお園やおさんを、蝶子に描出してみせた。
現代風浄瑠璃の説き明かし!見事に成功しているノダ。