日曜礼拝。鎌倉公演。大石グループ、山口、松崎、桂川、薄井サン

朝、池袋の中央福音教会へ。
佐布正義先生健在。
新約のマリアの処女懐胎の雛形として、旧約創世記のアブラハム(100才)の妻サラ(更年期90才)の懐胎があった。
ヘブル書11:19が胸に迫った。
石橋の竹内さんががいてビックリ。
岩城さんのお父さんも柔和な顔。
露の五郎兵衛師匠の証し本により、信仰決心されたとのこと。
今日の鎌倉、いろんな人が見えた。
大石夫人and桂川グループ、薄井、山口、掛け声の松崎さんら。
終演後、大石夫人グループらに弟子共々、肉をご馳走になり、僕は北鎌倉の大石邸泊。
先輩のご主人とも歓談。
手入れの行き届いた家。
目前の国有林は四季の移ろいの鏡。
朝食ベリベリグッド!