5月17日に『安養院本堂』で素浄瑠璃。

来月の17日(火)午後六時半より、板橋区東新町の安養院本堂の伝統芸術鑑賞の夕べで『壺坂観音霊験記』を語ります。
三味線は清友さん、ツレ弾きは弥三郎さんです。
当日、先に善養寺恵介さんによる尺八演奏があります。
今日、文楽劇場に平井和成住職がわざわざ、挨拶にお見えになった。
クラシックも含め、毎年、一流の演奏家を迎えてのパフォーマンス。
暫しの会話でしたが、普通の背広姿の住職の腰の低さ、朴訥とした飾り気のなさに、心洗われました。
皆様、是非、おいでくださいませ。
無料ですが、事前に電話連絡が必要です(定員200人)。
電話→ 03-3956-0514です。