能、歌舞伎と文楽

AKさんの能のお稽古仲間の88才になられる方が来場。
同い年の御友人を同伴。
どちらもしゃんとした紳士で、文楽は初めてとのこと。
終演後、楽屋に顔を出されたが、『関寺』を観て、能の小町ものとは異質な文楽のスタイルそのものに感心されてらした。
鎌倉の大石夫人もお友達を連れて来場。
一緒に見えた友達の童話作家のお嬢さんも文楽の触感に新鮮な驚きを示されていた。
大石さんグループの皆様は歌舞伎はよく観に行かれるが文楽は初めてという方が意外に多い。
衿を正す思いがする。