パリ・・2月25日(水)=幸いな一日

前夜はグッスリ寝た。
午後1時40分にパリのユネスコ本部へ。
公演会場となる本会議場は1300人収容(既にSOLD OUT)。
すべての座席に同時通訳のイヤホンがついている。
楽屋の仕度をして、舞台で音合わせ。
音響はなかなかいい。
通訳の人と明日の解説の打ち合せ。
4時過ぎにホテルへ帰り、体を休めてから歩いて数分のノートルダム寺院へ。
折しも「灰の水曜日」(イースターの40日前)で、荘厳なミサが始まろうとしていた。
大勢の信者の中に加わり1時間程の礼拝に参加。
終ってから長い行列の中で待ち、神父さんに緑の灰を額につけてもらった。
夜はホテルの近くの魚介類の店へ。
南谷直子さんとお姉様の朋子さんと友人。
こちらはボクと勘弥君と咲甫君とつばさ君。
「かき」は勿論、デザートのアイスや生クリームに至るまでナットク。