桂ざこばの芸談。古典芸能における《型》の伝承考。

こんど発売された『大阪人』で桂ざこばがいいことを言っている→《落語で大事なんは空気です。
師匠(米朝)からは口移しでネタ教えてもろてるから、その時教わった空気を弟子にも伝えられるけど、自分で聞き覚えしたネタは教えられへん。
ボクの空気になってるんやね。
自分のもんやから自分のもんになりすぎてかえって自分ではわからへんのかな(笑い)。
教えられたもんが基本になって自分の空気が出せるようになるんやけど、噺家はいつか自分の空気をつくっていかなあかん》←これは僕らにもあてはまる。
テープはダメ。
口写しで教わる、肌で感じる見えないもんが大事。