蔵前の稽古。素浄瑠璃の魅力。圓尾さんの感想お便り。

小松兄にお稽古していただく。
それから、川口真帆子先生からの電話。
21日の『ゴスペル・イン・文楽』素浄瑠璃に先生と一緒に教会にいらした青木さん。
お二人は古き良き時代の東京女子大の同窓生。
その青木さん(清楚麗人)は、3年前の近鉄小劇場にも去年のヘップホールの『ゴスペル・イン・文楽』にもいらした。
その青木さんから昨日、川口先生に連絡があり、一昨日の素浄瑠璃がとても良かった。
感激した、とのこと。
嬉しいでんなあ。
ホンマ、素浄瑠璃には独特の良さがあるんですわ。
ぜひ、HPの圓尾さんのお便りをみてくださいませ。