あとふつか

八鳥治久氏と瑠美夫人、西川恵氏が来場。
それにナント、松平盟子さんが逆櫓にだけ駆け付けてくださった。
皆で久しぶりに《あまのや》へ。
八鳥夫妻は素敵なカップルやなあ。
会話の流れが自然や。
西川氏はパリのユネスコの事務局長と昵懇。
来年の二月末の僕らの表敬訪問に先立って仕事でパリを訪れた時、よろしく伝えておいてくださるとのこと。
松平さんは、赤川次郎さんの文楽紹介本の『人形は口ほどにものを言い』の書評を書く。
その本をぱらぱらめくって読ませてもらったが、なかなか興味深い。
五人で五種五枚のお好み焼きを分けて食べた。
なかなか。